本を訪ねる

歩くのは自分自身。その前の歩きたいと思える十色のヒントを読書から見つけたい。

誰かと違っていて、同じでありたい/GIVE&TAKEを訪ねる8

読書記録 タイトル:GIVE&TAKE 第8回 与えるきっかけは、自分とどこか似ている人で、他とは少し違う人との関係から始まる。

共感と相手視点に立つことの違い/GIVE&TAKEを訪ねる7

読書記録 タイトル:GIVE&TAKE 第7回 対立した立場からお互いにとって良い結果を導くには、共感よりも、相手視点を推察した方がいい。

燃え尽きないために有意義にギブしよう/GIVE&TAKEを訪ねる6

読書記録 タイトル:GIVE&TAKE 第6回 「与える」ときは自己犠牲にならないようにする。

注文する?それとも質問する?/GIVE&TAKEを訪ねる5

読書記録 タイトル:GIVE&TAKE 第5回 単にアドバイスをするのではなく、相手を思いやった質問で、答えを導き出す。

才能よりも大切なこと/GIVE&TAKEを訪ねる4

読書記録 タイトル:GIVE&TAKE 第4回 成長には、「自分自身を信じられる環境」が大切。誰かの努力に寄り添うとき、「信頼」を与えることは最大の協力につながる。