本を訪ねる

歩くのは自分自身。その前の歩きたいと思える十色のヒントを読書から見つけたい。

自分の価値を最大にするハーバードの心理学講義 読書感想 総集編

 自分の価値を最大にするハーバードの心理学講義 読書感想 総集編

 これまで書いてきた『自分の価値を最大にするハーバードの心理学講義』の読書感想をまとめてみました。

f:id:raiku8:20210121233826j:plain

自分の価値を最大にするハーバードの心理学講義

ブライアン・R・リトル【著】

児島 修(こじま おさむ)【訳】

 本書は『パーソナリティ心理学』を基に様々な事柄を見つめなおすことができます。自分の性格を理解する。価値基準を豊富に持つことの重要性。本来の性格と違う性格でいることでどういうことが起きるのか。また自分と違う性格でいることの疲労をどう回復するのか。性格が寿命に与える影響。生活する場所の適正などを知ることで自分の価値を最大に生かすための本です。

もくじ

第1章『あなたを閉じ込めている檻 〝メガネ〟を変えて世界を見る』

raikuhon.hatenablog.com

 第2章『「自分の性格」を理解する 5つの要素で適正がわかる』

raikuhon.hatenablog.com

 第3章『別人を演じる 大切なもののために性格を変えるということ』

raikuhon.hatenablog.com

 第4章『「タマネギ」か「アボカド」か 場に合わせるか、信念に従うか』

raikuhon.hatenablog.com

 第5章『主体的に人生を生きる 運命はどのくらいコントロールできるのか?』

raikuhon.hatenablog.com

 第6章『性格は寿命も左右する すべてを勝負にする人、しない人』

 

raikuhon.hatenablog.com

 第7章『クリエイティビティは「才能」ではない 独創的な人ほど性格が悪い?』

raikuhon.hatenablog.com

 第8章『住んでいる場所が「生活の質」を決める SNSで回復する人、疲れる人』

raikuhon.hatenablog.com

 第9章『「パーソナル・プロジェクト」を追求する 人生をかけて達成したいことを見直す』

raikuhon.hatenablog.com

 第10章『自分を変える挑戦 幸福な人生を自分でつくる』

 

raikuhon.hatenablog.com

 訳者あとがきより

 柔軟なものの見方で世の中をとらえ、ときには自分の枠を超えることで、私たちはより豊かな人生を歩むことができるようになるのです。