本を訪ねる

歩くのは自分自身。その前の歩きたいと思える十色のヒントを読書から見つけたい。

そこからどうするか

読書感想 第9の手紙【運命】

f:id:raiku8:20210111143103j:plain

 大富豪からの手紙

本田 健(ほんだ けん)【著】

第9の手紙【運命】から印象に残った文章

 これは、私の考えではあるが、ヘレン・ケラーが「視覚」「聴覚」「言葉」を失ったのは、ある意味で言うと「宿命」だったのかもしれないと思っている。

 しかし、彼女は、そこから、「自分の運命を選択した」のではないだろうか。

 

 彼女は、「私は自分の障害に感謝している。私が自分を見いだし、生涯の仕事、そして神を見つけることができたのも、この障害を通してだったからである」という言葉を残している。

宿命と運命とこれからと

 第9の手紙には、こうあります。

 「宿命」は、宿る命。自分が生まれたときに決まっているもの

 「運命」は、運ぶ命。どうやって生きるかは、キミが自由に決められる

 

 生まれる前から決まっているものといえば

 親や祖父祖母、生まれる家庭の経済状況などがすぐに思い浮かびました。

 これらは、自分には変えることができない。

 変更をお願いすることもできない。

 

 自由に決められるものといえば

 自分の人生、親や生まれ持った環境に左右される場合はあるものの

 自分次第で、先々は大きく変わる。

 

 生まれたときにきまっているもの

 始めたときにきまっているもの

 過去にきまっているもの

 変更のしようがないものはいくらでもある。

 

 これから生きていく道のり

 始まってからの過ごし方

 未来に予測のできるもの

 変更のしようがあるものもいくつもある。

 

 重要なことは

 これから先を変えようと挑戦するかどうかだ。

 

 あらかじめ決まっていたことに自分の人生はまだない。

 これからにこそ自分の人生はある。

 

 「宿命」に囚われるか

 「運命」という旅を始めるか

 

 「運命」の中に生きていきたいと思いました。

 

大富豪からの手紙 [ 本田 健 ]

価格:1,760円
(2021/1/20 00:39時点)
感想(8件)