本を訪ねる

歩くのは自分自身。その前の歩きたいと思える十色のヒントを読書から見つけたい。

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら 読書感想 総集編

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら 読書感想 総集編

 これまで書いてきた、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』の読書感想をまとめました。

f:id:raiku8:20201209140107j:plain

もし高校野球の女子マネージャーが

ドラッカーの『マネジメント』を読んだら

岩崎 夏海(いわさき なつみ)【著】

 高校野球のマネージャーをやることになった主人公のみなみ。マネージャーとは何をすればいいのか?を調べるために本屋へ、そこでピーター・F・ドラッカー著の『マネジメント』を店員さんにすすめられます。そしてみなみはドラッカーの『マネジメント』を参考に野球部のマネジメントに取りかかっていきます。ものがたり形式でとても読みやすいビジネス書になっています。そして本書のすごいところは、ビジネス書を部活に用いることで、ビジネスの場以外にも活用できることを示したことです。職場、学校、家庭など、様々な場所でよりよい環境を作りたい人にオススメの本です。

もくじ

第一章『みなみは『マネジメント』と出会った』

 

raikuhon.hatenablog.com

 第二章『みなみは野球部のマネジメントに取り組んだ』

 

raikuhon.hatenablog.com

 第三章『みなみはマーケティングに取り組んだ』

 

raikuhon.hatenablog.com

 第四章『みなみは専門家の通訳になろうとした』

 

raikuhon.hatenablog.com

 第五章『みなみは人の強みを生かそうとした』

 

raikuhon.hatenablog.com

 第六章『みなみはイノベーションに取り組んだ』

 

raikuhon.hatenablog.com

第七章『みなみは人事の問題に取り組んだ』

 

raikuhon.hatenablog.com

 第八章『みなみは真摯さとは何かを考えた』

 

raikuhon.hatenablog.com